結婚後、武蔵野市で出産、育児をし、社会復帰をする中で、以前は気がつかずにいた暮らしにくさを感じ始め、行政の役割について考えるようになりました。

同時に出産後、衆議院議員秘書として議員会館勤務となり、たくさんの方々が国・行政のあり方に疑問を持ち、悩み、苦しみ、声を上げ、そして行動するという姿を目の当たりにしました。このことが、私の中に、消えることのない灯がともるきっかけとなりました。

2011年4月、みんなの党で1期目の当選をさせていただきました。

その後、集団的自衛権、特定秘密保護法に対する党との見解の相違があり、無所属となり活動を続けました。

現在は子育て・教育・福祉分野を中心に考えが近く、活動を共にする機会の多くあった「民主・生活者ネットワーク会派」に所属し、この度、民主党公認となりました。

4年間、環境の変化はありましたが、当初の思いは今でも全く変わっておりません。

今後の活動も原点を忘れることなく、誰もが安心して暮らし続けられる武蔵野市の実現に向けて、仲間と共に精一杯取り組んで参る所存です。



ll HOME ll ご挨拶 llプロフィール ll 私の政策 ll 活動報告 ll 応援メッセージ ll
 Copyrighting 2011 Kurano Emiko.All Right Reserved