くらの えみこ(蔵野 恵美子) 

昭和48年5月15日生まれ(丑年・おうし座・A型)

青山学院短期大学卒業
立教大学経済学部卒業(3年次編入)

(株)損害保険ジャパン、シティバンク銀行(株)等、金融業界中心に勤務
衆議院議員秘書( 国会事務所勤務)

2011年4月 武蔵野市議会議員一期目当選
2011年5月〜2012年6月 文教委員会・青少年問題協議会・奨学金審議会
2012年6月〜2013年6月 建設委員会副委員長・青少年問題協議会
2013年6月〜 2014年6月 厚生委員会・ 農業委員会・市民社会福祉協議会評議員
2014年6月〜 2015年4月 厚生委員会・ 農業委員会・議会広報委員会委員長

2015年4月 武蔵野市議会議員二期目当選
2015年5月〜 厚生委員会委員長 議会広報委員会 自転車等駐車対策協議会
2016年6月〜 総務委員会・公共施設等総合管理計画策定に関する特別委員会

好きな言葉真実、知識は最高の財産である
趣 味テニス、ヨガ、観劇( 劇団四季・宝塚歌劇団大好きです)
好きな本松本清張の小説、スラムダンク(漫画)
心がけている事本質を考える、思い込みを捨てる、健康

結婚を機に、武蔵野市に住み始めました。

武蔵野市で結婚、出産、子育て、子育て中の社会復帰を通して、以前には気づかなかった暮らしにくさや矛盾が見えてきました。
また、議員秘書の経験から、たくさんの方々が、世の中の仕組みや行政のあり方に疑問を持ち、悩み・苦しんでいる現状を目の当たりにしました。

一向に解決しない保育所問題。

「女性の社会進出」と世間では当たり前のように言われているけれど、結婚・出産後の社会復帰にはまだまだ壁があることを身をもって体験しました。
家族形態の多様化、ライフスタイルの多様化で、必要なニーズも多様化していますが、果たして行政はそれに柔軟に対応しているのでしょうか?

 一人暮らし高齢者の孤独死、核家族での子育ての孤立化・・・。
 悲しいニュースを聞くたびに、どうにかならなかったの? と悔しさと腹立たしさを感じます。

これはおかしいと思うこと、

誰かがやらねばならないことを自分たちの手で解決していこう。
景気も、財政も厳しい今、あれもこれもできる時代ではありません。

だからこそ、“本当に必要なことの改革を”  それが私の政治の原点です。

ll HOME ll ご挨拶 llプロフィール ll 私の政策 ll 活動報告 ll 応援メッセージ ll
 Copyrighting 2011 Kurano Emiko.All Right Reserved